• 印刷する

テイクオフ:「日本と台湾の西洋料理…

「日本と台湾の西洋料理店なら、日本の方が断然うまい」。台湾のイタリアンやフレンチに行っても「値段の割には」と思うことが多かった経験から、周囲の台湾人にそう言い放っていた。

だが今年は、そんな放言を慎んでいる。台北郊外の自宅近くに、うまいイタリアンを見つけたのだ。しかもディナーよりランチを主力にしており、値段も手頃。今春より、足繁く通っている。

だが秋になり異変が。今月同店を訪れると、いつも頼むリゾットの味がどうも奥行きに欠ける。何が足りないのか考えながら食べ進めるうちに理由が分かった。ニンニクがないのだ。原因はおそらく、台湾で8月下旬ごろから続くニンニク価格の急騰だろう。一部レストランでは、使用量を減らす動きがあるというニュースもあった。ようやく見つけたイタリアンもニンニクなしでは、「値段の割には」といったところだった。(陳)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ警戒引き下げに慎重 衛生当局、感染者減も再拡大警戒(06/18)

新型コロナの域内感染、17日は175人(06/18)

陳時中指揮官、ワクチン調達の遅れで謝罪(06/18)

タイヤのマキシス、本年度に販売網5%拡大(06/18)

高齢者21人が死亡、コロナワクチン接種後(06/18)

経済部、工業区のワクチン大規模接種へ準備(06/18)

京鼎精密の2Q売上高、過去最高予想(06/18)

鴻海、ハンガリーでクラウド設備生産か(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン