• 印刷する

東部モン州の電化率、70%達成=州首相

ミャンマー東部モン州の電化率が70%に達したもようだ。エー・ザン州首相が明らかにした。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が26日伝えた。

州首相は「他の管区や州の電化率は50%程度にとどまっているが、モン州は70%に到達した」と述べた。州の電力公社によると、2019年度(2019年10~20年9月)の最大需要電力(最大負荷)は13万4,000キロワット(kW)で、15年度の5万1,000kWから大幅に増加した。一般世帯の電化率は現在、73.5%に達したという。

電力公社は今後、モーラミャイン地区のイェなど複数の郡区で電化を進め、最大需要電力を20年度中に15万kWまで引き上げたい考えだ。実現できれば、一般世帯の電化率は21年度には79.1%に達する見込み。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

軍トップ、ASEAN総司令官会合に参加か(18:58)

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

FBが全軍系企業を削除、国軍への措置拡大(13:59)

スーチー氏判決に「懸念」、安保理が声明(13:59)

11月PMI、4カ月連続上昇 政情や原材料不足に依然課題も(12/09)

ロヒンギャ、FBに1500億ドルの賠償請求(12/09)

スーチー氏有罪判決は公平かつ正当=情報相(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン