中国人の入国規制緩和へ、隔離期間短縮など

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会は、新型コロナの水際対策として導入している入国規制を、中国人を対象に11月第1週から緩和する方針を明らかにした。入国時の隔離期間を短縮するほか、政府指定の施設に代わり自宅での隔離を認める計画だ。ビエンチャン・タイムズ(電子…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

商務省、ラオス中国鉄道の活用へ会合を計画(14:34)

8日はコロナ感染1209人、死者5人(12/09)

オーストラリア、農業ビザ発給へ(12/09)

7日はコロナ感染1378人、死者4人(12/08)

ビエンチャン郊外のドライポート、正式開業(12/08)

バングラデシュとラオスにワクチン無償供与(12/08)

中老鉄路の貨物列車、第1便が到着(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン