• 印刷する

テイクオフ:日本ブランドの模倣? …

日本ブランドの模倣? 正直に言うと最初は斜めに見ていたが、いつの間にか当地ではひとつのブランドになっていた。中国の生活雑貨チェーン、名創優品(メイソウ)のことだ。今月15日に米ニューヨーク証券取引所に上場した。

時を同じくして20日にはパリに進出。有名百貨店、ギャラリー・ラファイエットのすぐそばに、欧州1号店を出店した。商品の8割超は10ユーロ(約1,200円)以下という。中国メディアが伝える写真を見ると、パリっ子たちが行列を作り、店は大にぎわいの様子だ。

創業者の葉国富氏は「コロナで店舗賃料は値下がりしている。今が出店拡大のチャンス」と、鼻息は荒い。日本ブランドに追いつけ追い越せで成長を続ける中国企業。視点を変えれば、中国企業が世界で台頭する中でも、日本ブランドの影響力は健在と言えるのかもしれない。(優)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

商務省、ラオス中国鉄道の活用へ会合を計画(14:34)

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

豪の観光業、中国人客減少でも需要増で回復(17:05)

豪ニッケル社、中スラウェシ事業の権益取得(21:01)

当局がコロナ治療薬を承認、中国で初(16:02)

テイクオフ:目の前には、田んぼや畑…(12/09)

安価なリン酸鉄で購入層拡大 中国車載電池の今(2)(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン