• 印刷する

豪州とシンガポール、水素技術などで覚書

オーストラリアとシンガポールは26日、二酸化炭素(CO2)排出の低減に関する技術開発で覚書を締結した。両国が最優先課題とする水素生産や炭素回収・貯留(CCS)技術の開発は、連邦政府が先に発表したCO2削減技術ロードマップにも盛り込まれている。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

覚書は、オーストラリアのテイラー・エネルギー相とシンガポールのチャン・チュンシン貿易産業相が署名した。両国は今後、低CO2排出に関する技術的知見と経験を共有し、技術開発のコラボレーションを進める。

連邦政府はロードマップの中で、再生可能エネルギーだけでなく化石燃料も対象にし、民間企業が既存技術の代替となる低CO2排出技術をコスト面から効果的に導入できるよう、関連技術の研究開発を支援するとしている。


関連国・地域: シンガポールオーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでも新型…(12/04)

豪10月貿易黒字、前月比28%増 鉄鉱石輸出が押し上げ(12/04)

住友商事、豪穀物子会社エメラルドを売却(12/04)

JAL、成田発メルボ着便を12月に4便運航(12/04)

川重が世界初の輸入ターミナル、豪水素向け(12/04)

第8次電力開発計画、来年1月以降に承認(12/04)

RBA総裁「国内経済危機は峠を越えた」(12/04)

豪政府の所得税減税策、税収540億$減少へ(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン