首都圏などの宗教集会、定員30%まで容認

フィリピン政府は23日、宗教活動に関する集会について、マニラ首都圏など外出・移動制限が緩和された地域で収容人数を定員の30%まで認めると発表した。12月にクリスマス期間のミサが教会で開かれることなどを想定したとみられる。 宗教集会の開催は、消毒やマスク着用、ソーシャ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:対面授業ができない異例…(12/01)

外出制限、年末まで延長 首都圏など、Xマスに感染対策(12/01)

ワクチン供給、英アストラゼネカと契約(12/01)

コロナ感染新たに1773人、計43万1630人(12/01)

アロヨ元大統領、クラーク開発の顧問に(12/01)

三井E&S、孫会社の比法人を子会社化(12/01)

運輸省、海運業者の港湾使用料援助(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン