• 印刷する

テイクオフ:ある週末の午後、郵便局…

ある週末の午後、郵便局へ出かけた。日本で暮らすおいっ子に誕生日プレゼントを送るためだ。子供服を詰め込んだ段ボール箱を持って列に並んでいると、別の作業をしていた郵便局員がこう言ってきた。「日本向け?あきらめて」

理由を尋ねると、航空便が少なくて到着まで時間がかかると言う。列に並んでいた別の中国人客も「今は国際便がないから難しいよ」と肩をすくめる。見かねたのか、郵便局員が国際輸送の専業業者をいくつか紙に書いて教えてくれた。

結局、別の輸送業者を使うことにした。コロナ禍で国際航空路線の減便が続く中、国際貨物便の運航は回復に向かっているが、それでもまだ遅れは取り戻せていないようだ。人の移動も物流も、正常化するのはいつになるのだろう。会えない間にハイハイを覚えたおいっ子は、もうヨチヨチ歩きを始めている。(佳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

脱貧困で「重大な勝利」、習総書記が宣言(12/04)

義隆電子がMCU値上げ、来年1月から(12/04)

デジタル銀免許、グラブ連合など4者に付与(15:08)

首都ーバンビエン高速道、年内には開通へ(12/04)

【6000号特集】感染発覚から1年 コロナ禍、写真とともに振り返る(12/04)

【6000号特集】往来で相互理解深まる 上海日本商工クラブ・石原至理事長(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン