西部の都市型農園が開業、年100トン生産

シンガポールの農業技術会社アーチゼン(Archisen)が西部ジュロンに設立した都市型農園施設「コモンウェルス・グリーンズ」が、正式に開業した。モノのインターネット(IoT)技術を活用して葉物野菜を人工的に水耕栽培し、年間最大100トンの野菜を国内市場向けに供給する。シン…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:英国領だった当地には、…(12/01)

【加速するスマートシティー(2)】首都圏中心に開発進む インドネシア、新興企業と提携も(12/01)

東南アのグリーン経済、年1兆ドル効果へ(12/01)

即時電信振り込み、ノンバンクも利用可能に(12/01)

10月の銀行貸出残高、前月比8カ月連続減少(12/01)

チャンギ空港の商業施設、今年は売上74%減(12/01)

EV充電設備の入札実施、200カ所600基(12/01)

グラブ、SNSなどで二酸化炭素削減を推進(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン