CJ大韓通運、配達員の労働環境改善を約束

韓国物流大手のCJ大韓通運は22日、荷物の仕分け作業を補佐する人員補充を通じて配達員の労働環境を改善すると発表した。業務過多で過労死する配達員が相次いでいることを受けた措置で、同社の朴根煕(パク・クンヒ)代表が同日、この問題について謝罪した。22日付聯合ニュースが…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者、9カ月ぶりに600人超(15:50)

ソウル市が防疫強化、スーパー営業9時まで(17:26)

【ウィズコロナ】流通業がライブコマースに注力 多様な商品群、中小の活路にも(12/04)

コロナ感染者540人、2日連続で500人超(12/04)

21年の歳出558兆ウォン、国会で予算案可決(12/04)

11月末の外貨準備高、98.7億米ドル増(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

韓国富士通、米社の品質向上ソフトを発売(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン