通信事業17社の免許停止、経営休眠などで

カンボジア郵政省は、国内の通信企業17社の事業免許を停止、はく奪処分にしたと発表した。政府への納付金未払いや事業の休止、従業員の不在、虚偽の財務報告などを理由に挙げている。クメール・タイムズ(電子版)が21日に伝えた。 郵政省の監査担当部署が実施した調査によると、…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

入国者、政府指定施設で14日間の強制隔離(12/02)

ゴム輸出量、1~10月は21%増の24万トン(12/02)

保険AIA、配車グラブ運転手に傷害保険(12/02)

第一銀、プノンペン支店が海外最大の利益源(12/02)

韓国の金融電算網、カンボジアに構築(12/02)

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

市中感染発生、刑務所長ら14人(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン