• 印刷する

日系航空2社、越から日本行きを増便

日系航空2社が、ベトナムから日本行きの定期便を増やしている。全日本空輸(ANA)は今月末にハノイ発成田行きとホーチミン市発羽田行きを、日本航空(JAL)は11月からホーチミン市発成田行きを増やす。

ANAの計画によると、ハノイ―成田(NH898)は現在週2便(水・土)運航しているが、今月末から週5便(水~日)とする。11月は、6日(金)と27日(金)は運休となる。ホーチミン市―羽田(NH892)は、今月の週2便(金・日)から来月に週4便(水・金・土・日)に増やす。ホーチミン市―成田(NH834)は週3便(火・木・土)となる。

JALは、11月1日以降、ホーチミン市―成田(JL750)を今月の週2便(月・金)から週4便(月・火・木・土)に増便。ハノイ―成田(JL752)は週4便(火・木・土・日)、ホーチミン市―羽田(JL070)は週3便(月・水・金)で据え置く。

日本からベトナム行きは、ベトナム政府が定期便の運航を認めていない。11月は、JALとANAが特別便を計10便運航する予定。乗客は日本国籍を含む外国人に限られ、ベトナム人はベトナム系航空会社の帰国便を利用することになる。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

週末の市中感染200人超、「第4波」拡大続く(05/10)

国の成長に貢献、インフラ鍵に MUFGの東南アジア戦略(3)(05/10)

ワクチン接種で初の死亡例、30代女性看護師(05/10)

トヨタ、燃料ポンプ不具合で3280台リコール(05/10)

小米、スマホの1Q販売79%増でシェア3位(05/10)

デジタル経済社会の発展策、8月までに策定(05/10)

バンブー航空、米直行便の発着枠を取得(05/10)

ハノイ環状4号線、5省市が建設案に合意(05/10)

ホーチミン空港、2期改修事業で600人雇用(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン