9月のスマホ販売40万台、前月比13%減

台湾の2020年9月のスマートフォン販売台数は約40万2,000台となり、前月(約46万3,000台)から13.2%減少した。20年の単月最低を記録した。販売台数のブランド別シェアでは韓国サムスン電子が首位に躍り出た。 スマホ販売台数は、3C(コンシューマー・エレクトロニクス、コミュ…

関連国・地域: 中国台湾韓国米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:語学検定を受けるため、…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

航空業の純損失百億元超へ 今年予測、貨物が一部穴埋め(12/02)

環球晶、12インチ製品の生産がフル稼働(12/02)

力積電、「向こう5年はウエハー需給逼迫」(12/02)

大聯大、21年の半導体市場を楽観視(12/02)

友訊科技、インドで生産委託を検討(12/02)

元太科技が中国社と提携、電子ペーパー応用(12/02)

台北大がアマゾンと提携、クラウド人材育成(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン