【アジア目線】第35回・ベトナムの工業化の課題(7)

第35回 ―広東省の加工貿易制度との比較― 歴史的に中国とベトナムは陸で国境を共有する隣接国として、潜在的には交易による経済交流の需要が大きい地域であった。にもかかわらず、最近では1979年の中越紛争が代表的な事象となるが、両国は歴史的に戦乱期を何度となく経てきた。そ…

関連国・地域: 中国ベトナム日本アジア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般政治


その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】5月31日~6月6日(06/18)

5月新規車両登録は15%減 乗用車と商用車が共に不振(06/18)

中国地方政府がFCV普及策(06/18)

IoTで現場が変わる=能率協会がセミナー(06/18)

「100年後も生き抜く」、トヨタ株主総会で社長(06/18)

日立、2社と協業でCCTVソリューション(06/18)

東芝と三井物産が提携、AI・IoT分野で(06/18)

大広、インドの広告制作会社に出資(06/18)

三井伊藤忠BHP合弁、WAで鉄鉱開発(06/18)

LINEが京都に開発拠点、外国人を積極採用(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン