マカオ政府、「トラベル・バブルは時期尚早」

マカオ政府観光局(MGTO)の文綺華(マリア・フェルナンデス)局長はこのほど、観光業界の間で実施を求める声が高まっている「トラベル・バブル」について「時期尚早だ」との認識を示した。20日付マカオ日報などが伝えた。 トラベル・バブルは、協定を結んだ地域間で新型コロ…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 医療・医薬品観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ感染症の流行…(11/25)

政府、バーなどを営業停止に 規制再強化、検査さらに拡大も(11/25)

新たに80人感染、域内は69人=計5781人(11/25)

香港ブックフェア、来年7月に再延期(11/25)

トラベルバブルの需要旺盛だった、キャセイ(11/25)

10月の輸出はマイナス成長に転落、1.1%減(11/25)

今年の香港IPO調達額、過去10年で最大に(11/25)

小幅続伸、感染者増で伸び悩み=香港株式(11/25)

富裕層は年12%のペースで増える、HSBC(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン