〔クラクション〕教会の収容人数30%に緩和

フィリピンのマニラ市のイスコ・モレノ市長は19日、教会やモスクなど宗教施設の収容人数を現行の10%から30%に緩和することを明らかにした。複数の地元紙が伝えた。 18~65歳の市民は宗教的集会に参加できるが、未成年者の参加は許可しない。マスクやフェースシールド着用などの…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:連日感染者や重症患者が…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

航空2社、コロナ検査推進 自前施設で割引、自治体と協力(12/02)

コロナ感染新たに1298人、計43万2925人(12/02)

クリスマス期間、家族の集まりも制限(12/02)

企業のシャトルバス、乗車人数制限を緩和(12/02)

外資系企業の11%、事業縮小を検討=調査(12/02)

仁川ーマニラ線、17日から往復運航再開へ(12/02)

メガワイド、交通ターミナル建設へ協議(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン