• 印刷する

テイクオフ:当地の文化を考える上で…

当地の文化を考える上で欠かせない言葉に「ハートランド」がある。英単語として直訳すると、国や地域の中央部、重要な中心地だが、ここでは意味合いが少し異なる。関連語として、人を指す「ハートランダー」もある。

これらのニュアンスを伝えるのに適切な日本語を考えてきた。長年当地に住む日本人女性とは「地元(ただし郊外や下町を主に指す)」、そこの「ジモティー(地元住民)」がしっくりくるという結論に至った。シンガポール人からは「ハートランドは公営住宅(HDBフラット)群の中で人が集まる場所。ハートランダーはその地区の住民。たまには都心にも行くが、普段はあまり遠出しない」との答えが返ってきた。

先日、いかにもハートランドな場所に行った。大勢の人でごった返していたが、西洋人や日本人はほぼいない。まだまだ見たことのないシンガポールがありそうだ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムへの投資支援加速 UOB銀行、11億ドル誘致へ(12/04)

電材HD、現地クレーン大手を買収(12/04)

人工鶏肉の販売認可、米社が世界初取得(12/04)

代替食品専門の米投資会社、新興2社に出資(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

隣国同業を「買収する側」=配車グラブ幹部(12/04)

米資産運用ベアリングス、事業所開設へ(12/04)

2国間高速鉄道、凍結期限前に両国首相会談(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン