• 印刷する

三井不動産、新北と台南で分譲住宅開発

三井不動産は20日、台湾不動産大手の国泰建設(キャセイ・リアルエステート・デブロップメント)と共同で新北市と台南市で分譲住宅事業に参画すると発表した。2物件の戸数は計約1,200戸で、国泰建設によると、総売り出し額は約300億台湾元(約1,100億円)を見込む。両社が共同で住宅事業を手掛けるのは初めて。

三井不動産と国泰建設は、新北市と台南市で分譲住宅を開発すると発表した=20日、台北(NNA撮影)

三井不動産と国泰建設は、新北市と台南市で分譲住宅を開発すると発表した=20日、台北(NNA撮影)

三井不動産と三井不動産レジデンシャルは、共同出資会社の台湾三井不動産を通じて、国泰建設との間で共同開発事業契約を締結した。

新北市中和区と台南市安平区で物件を開発する。名称は未定で、現時点では「中和板南路プロジェクト(仮称)」「台南永華路プロジェクト(仮称)」。総投資額は明らかにしていない。

新北市の物件は台北捷運(台北MRT)環状線中原駅から徒歩2分の場所に位置する。敷地面積1万7,890平方メートルの土地に、地下5階、地上31~32階建ての4棟を建設する。延べ床面積は16万5,042平方メートルで、総戸数は944戸。1~2階には店舗エリアも設ける計画だ。

工期は2期に分け、第1期(452戸)は2023年に着工、27年に完工・引き渡し、第2期(492戸)は24年に着工、28年に完工・引き渡しとなる見通し。販売開始時期は未定。

台南市の物件は、行政機関が集積する安平区の区画整理地内に設ける。敷地面積7,388平方メートルの土地に、地下4階、地上23階建ての3棟を建設する。延べ床面積は5万9,809平方メートルとなり、総戸数は264戸。

21年に着工し、25年の完工・引き渡しを予定している。販売開始は21年春を見込む。

台湾三井不動産の下町一朗董事長によると、24年に開業予定のホテル「敦化北路ホテル(仮称)」の事業で提携したことをきっかけに、今回の分譲住宅の共同開発を決めた。今後も国泰建設と共同で、大規模案件を中心に台湾全域で住宅事業の展開を目指す。

国泰建設の張清カイ董事長(カイ=木へんに魁)は、商用不動産などの共同開発にも意欲を示した。

新北と台南の2物件は、三井不動産グループにとって台湾2~3件目の住宅事業案件となる。三井不動産がパナソニックホームズとともに手掛ける新北市三重区の分譲住宅「三松MPARK」は21年に完工する予定。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

大聯大、21年の半導体市場を楽観視(20:28)

新型コロナ感染者、679人に(20:10)

テイクオフ:豆腐という言葉にめっぽ…(12/01)

環球晶がドイツ同業を買収へ 37.5億ユーロ、シェアが日本迫る(12/01)

電子工業の生産額、1~9月は過去最高に(12/01)

封止・検査の菱生、21年上期まで受注好調(12/01)

米半導体商社が規制対象か、台湾系に恩恵も(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン