ルアンパバーン、観光客誘致にインフラ整備

ラオス北部ルアンパバーン県は、観光客の誘致に向けたインフラ整備を促進する方針を示している。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が19日伝えた。 県の情報文化・観光局によると、ルアンパバーンを一望できる「プーシーの丘」と、景勝地として有名なクアンシーの滝の設備を改修す…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 観光


その他記事

すべての文頭を開く

首都ーバンビエン高速道、年内には開通へ(12/04)

越ーラオス、ベトナム航空が一時運航(12/03)

中老鉄路、土地収用長期化で完成遅れも(12/02)

国内初の石油精製工場、今月30日に稼働予定(12/01)

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

【ラオス経済通信】中国とのインフラ整備が前進 第155回(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン