• 印刷する

雇用創出法を「全く知らない」7割

インドネシアの雇用創出に関する制度一括改正(オムニバス)法が5日に成立する直前、民間調査会社インドメーターが実施した世論調査によると、市民の69%は同法(案)について「全く知らない」と回答した。同社は政府が国民への周知を怠ったことが、偽情報がまん延する要因になったと指摘している。

調査は9月25日~10月5日、全国の1,200人に実施された。「オムニバス法案について聞いたことがあるか、または知っているか」との問いに「知っている」と回答したのは31%にとどまった。「知っている」との回答者のうち、同法に「賛成」と答えた人は90%、「反対」は9%だった。

インドメーターのレオナルド・エグゼクティブディレクターは「(オムニバス法が)非常に重要な法律にもかかわらず、国民への周知が不足していたと言える。情報を公にしてこなかったことが偽情報の拡散を誘発した」と分析した。

オムニバス法に「賛成」とした回答者のうち75%は、オムニバス法によって「雇用機会が創出されること」を支持した。これに「許認可手続きの簡素化」が72%、「経済の回復」が69%で支持率が高かった。

「反対」と答えた人のうち75%は「外資の介入機会が増える」を理由に挙げた。「中国人の就労が容易になる」は69%、「就労者に損害をもたらす」が59%、「退職金無しの解雇」が47%だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

副大統領、土地銀行の早期設立の重要性強調(12/04)

閣僚訪日、政財界に新政府ファンド支援要請(12/04)

中銀、低金利維持で融資成長率9%目指す(12/04)

石油・ガス鉱区の権益放出も 国営石油、86カ所の投資誘致(12/04)

バイオ燃料義務化に課題、政策見直しの声も(12/04)

投資家保護強化のOJK令、月内公布へ(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

21年の成長予測を4%に引き下げ=OECD(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン