• 印刷する

高リスク地域にフランスとロシア、香港政府

香港政府は16日、新型コロナウイルスの感染状況が深刻な世界の高リスク地域に、26日からフランスとロシアを加えると発表した。

香港経済日報などによると、フランスは1日の新規感染者数が3万人を超え、感染再拡大を抑えるためパリなどで夜間の外出を原則的に禁止。ロシアも9月中旬から新規感染者が増えており、感染者数は1日1万人を超えている。

高リスク地域から香港に到着する旅客は、搭乗する航空機の出発予定時刻の72時間以内に受けた新型コロナ検査の陰性証明書や、香港で滞在するホテルの予約確認書などを提出するよう義務付けられている。

香港は現時点で、◇バングラデシュ◇エチオピア◇インド◇インドネシア◇カザフスタン◇ネパール◇パキスタン◇フィリピン◇南アフリカ◇英国◇米国――の11カ国を高リスク地域に指定している。


関連国・地域: 香港ロシア欧州
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業の3割強が業績改善 7~9月、コロナ禍でも回復軌道(10/20)

臨時検査終了、政府「今後も実施検討」(10/20)

新たに15人感染、域内例1人=計5256人(10/20)

観光局、日韓とのトラベルバブル合意に期待(10/20)

続伸、本土金融銘柄の好調続く=香港株式(10/20)

ウエストパック銀、中国などアジアから撤退(10/20)

キャセイの9月旅客98.1%減、貨物は4割減(10/20)

キャセイ再編計画、週内に取締役会で決議か(10/20)

政府、企業救済手続きの条例案を議会提出(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン