19年度税収2%増、政府歳入の約7割占有

シンガポール内国歳入庁(IRAS)が発表した2019年度(19年4月~20年3月)の税収は535億Sドル(約4兆1,400億円)となり、前年度から2%増加した。政府歳入の72%、国内総生産の11%を占めた。 内訳を見ると、法人税が全体の31%を占めて最大。個人所得税の割合は1ポイ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:独身の頃は、ホテル予約…(10/27)

9月の製造業生産高24%上昇 約9年ぶり高水準、バイオ医療好調(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

低炭素社会実現に研究基金、4900万Sドル(10/27)

低排出技術の促進で提携、オーストラリアと(10/27)

電動バイクのスワグ、3年以内に現地生産へ(10/27)

隣国から電力輸入、2年間の試験事業公募へ(10/27)

エネオス、住商とサラワクで水素製造検討(10/27)

国際エネ週間のイベント、制限下で開催(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン