日本支援の鉄道工事に遅れ コロナ長期化、感染対策に苦慮

日本政府の円借款で進むフィリピンの大型鉄道事業を巡り、新型コロナウイルスの影響で一部の工事に遅れが出ていることがNNAの取材で分かった。3月中旬から続く外出・移動制限や厳しい感染対策により建設現場への十分な作業員の配置が難しいことなどが要因だ。フィリピン政府は…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

入国後のコロナ検査、隔離5日目に義務付け(14:45)

コロナ感染新たに2245人、計51万8407人(22:00)

テイクオフ:カタン、カタンと木と木…(01/27)

比中連合の受注撤回も カビテ州、サングレー空港拡張で(01/27)

マニラ空港改修、メガワイドの再考要請拒否(01/27)

コロナ感染新たに1173人、計51万6166人(01/27)

外出可能年齢の引き下げ、大統領撤回(01/27)

LRT1号線延伸、第1弾の車両到着(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン