19年度外国投資は33%増 コロナで息切れ、目標に届かず

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、2019年度(19年10月~20年9月)の海外直接投資(FDI)認可額(ティラワ経済特区=SEZ除く)は、前年比33%増の55億2,597万米ドル(約5,828億円)だった。政府目標の58億米ドルには届かなかった。年度半ばまでは好調だったが、新型…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

車両登録と免許の期限切れ、道路局が容認(11:48)

新たに1700人余の感染確認=24日夜(11:21)

新型コロナ感染、8万人超え 経済維持へ規制は強化されず(11/25)

20年度の輸出4割減ペース、コロナ禍(11/25)

電子政府第2次基本計画を策定へ、通信省(11/25)

韓国KB国民銀、12月に現法開設へ(11/25)

マイクロ金融、11~12月返済を5月まで猶予(11/25)

グラブフードが1周年、注文24倍に成長(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン