• 印刷する

テイクオフ:休暇で訪れたポートステ…

休暇で訪れたポートスティーブンスで、初めて釣りに挑戦した。埠頭(ふとう)周辺に大きな魚がたくさん泳いでいるのが見えたので、若干の期待を胸に船に乗り込んだ。天気も良く、潮風に当たりながら雲一つない空を仰ぐ。だが、待てど暮らせど釣り糸は引かず、魚がいないのか釣り糸の長さが足りないのか、針につけた餌が取れる様子もない。

不平を口にする子どもたちをなだめ、引き返そうかと考えていたそのときだった。腹を白く光らせた大きなものが船の下をくぐって行った。イルカだ。2頭のイルカが目の前で水面に浮かび上がり、潮を吹いて泳いでいく。船に慣れているのか、追いかけるとまた近づいてきた。

結局魚は釣れなかったが、イルカに遭遇したことで満足な旅となった。帰宅後、釣り竿をどこかに忘れてきたことに気づき、釣りへの関心はあっけなく消えた。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでも新型…(12/04)

豪10月貿易黒字、前月比28%増 鉄鉱石輸出が押し上げ(12/04)

住友商事、豪穀物子会社エメラルドを売却(12/04)

JAL、成田発メルボ着便を12月に4便運航(12/04)

川重が世界初の輸入ターミナル、豪水素向け(12/04)

第8次電力開発計画、来年1月以降に承認(12/04)

RBA総裁「国内経済危機は峠を越えた」(12/04)

豪政府の所得税減税策、税収540億$減少へ(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン