• 印刷する

イオンモール3号店、22年度に開業へ

「イオンモール ミエンチェイ」のイメージ図(イオンモール提供)

「イオンモール ミエンチェイ」のイメージ図(イオンモール提供)

イオンモールは6日、カンボジアの首都プノンペンに建設予定の同国3号店の名称を「イオンモール ミエンチェイ」に決定したと発表した。2022年度の開業に向け、着工する。東南アジア諸国連合(ASEAN)にあるイオンモールの中で最大規模になる予定だ。

3号店は首都中心部から南に約8キロメートルのフン・セン通り沿いに立地。地場INGホールディングスによる衛星都市プロジェクト「INGシティ」内に建設される。子会社のイオンモール(カンボジア)が運営する。

3号店の敷地面積は約17万4,000平方メートル、延べ床面積は約18万平方メートル、総賃貸面積は約9万8,000平方メートル。14年と18年にそれぞれ開業した1号店(敷地面積は約6万8,000平方メートル)、2号店(同10万平方メートル)を大幅に上回る規模になる予定だ。

総合スーパーの「イオン」を核に、約250店舗の専門店の入居を予定。衣料品や雑貨の販売店から飲食店、映画館まで幅広い商品、サービスを提供する。外部区画には緑地エリアを配置する。約4,000台の車を停められる駐車場を置く。

地元各紙によると、投資認可当局のカンボジア開発評議会(CDC)は昨年末に3号店の建設計画を正式に承認した。CDCに申請された3号店の投資予定額は2億8,960万米ドル(約306億円)。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

イオンモールが再開、3千人以上検査で陰性(12/04)

テイクオフ:インドシナ戦争を追った…(12/04)

市中感染2人増加、累計331人に(12/04)

ごみ収集業者を変更、首都で来年2月から(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

小売・観光業などに影響、市中感染発生で(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン