磁石で自動運転正確に、愛知製鋼

【共同】トヨタ自動車グループの愛知製鋼が手掛ける自動運転システムが注目を集めている。道路に設置した磁石を車両で読み取る仕組みで、天候や地形などに影響を受けず、正確な走行ができるのが強みだ。まずは公共交通機関での活用が期待されている。 磁石は直径3センチ、高さ2…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

カラオケまねきねこ運営社解散、コロナ禍で(19:27)

イオンモールの営業を一時停止、都市封鎖で(16:49)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

UMWトヨタ、1Q販売は61%増の1.7万台(04/16)

テイクオフ:新生活が始まる。家具・…(04/16)

1Qのバイク新規登録1%増、3月に大幅増(04/16)

日野自、起業家育成機関に中型バス32台納入(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

海外事業拡大先でベトナムは2位、ジェトロ(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン