• 印刷する

大卒の就職狭き門、コロナ禍で45%予想

韓国の大学生が予想する今年の大卒者の就職率は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で44.5%にとどまったことが分かった。大卒の2014~18年の就職率は60%台で推移していた。

シンクタンクの韓国経済研究院が、全国の4年制大学に在籍する大学生と卒業生(計4,158人)を対象に調査を行った結果、今年の就職活動については、昨年の調査時より29.4ポイント高い75.5%が「昨年より厳しい」と回答した。今年の就職率が「50%未満」と考える人は60.5%に達した。

新型コロナの影響で就職活動が困難と感じる点については、「採用機会の減少による競争激化」が38.1%で最多だった。「インターンなど実務経験の機会確保が困難」(25.4%)や「短期雇用の減少などで就活における経済的負担が増加」(18.2%)などを挙げた人も多かった。企業で広まる非対面での採用試験については、50.6%が肯定的に考えていた。

韓国経済研究院は「若年層の就職難を放置してしまえば社会の未来はない」とし、企業の雇用拡大と政府レベルでの支援拡大が不可欠と指摘している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:尹錫悦(ユン・ソンニョ…(08/08)

サムスン、23年半導体生産へ 北部工場で、一貫体制を強化(08/08)

初の月探査機打ち上げ 世界で7番目、宇宙事業に本腰(08/08)

輸出の上向き継続 7月は18%増、輸入もプラス(08/08)

新規感染者10.6万人、死者27人増(08/08)

国内5社、信用評価の合弁会社設立(08/08)

LGイノ、基板素材の経験者を積極採用(08/08)

中韓がEV関連事業に150億ドル、国営企業相(08/08)

KTとトルコ企業、コンテンツ事業で協力(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン