• 印刷する

フュージョンバンクが試験開業、騰訊傘下

中国本土のIT大手、騰訊控股(テンセント)が主導して香港に設立したインターネット専業銀行、富融銀行(フュージョンバンク)が9月30日、試験開業した。富融は香港のネット専業銀では初めて外国為替業務を取り扱い、香港ドルのほか人民元、米ドルでの預金の受け入れや送金などのサービスを提供する。

試験開業期間中は口座開設を1,000人の特定顧客に限定し、3通貨での預金、定期預金サービスや送金、為替などの金融サービスを提供する。1HKドル(約13.6円)から口座開設が可能で、10月31日までのキャンペーン期間中は3カ月の香港ドル定期預金金利は年5%(預け入れ上限額10万HKドル)とする。

富融銀には騰訊のほか、香港取引所(HKEX)、本土の国有銀、中国工商銀行(ICBC)の香港法人である中国工商銀行(亜洲)などが出資。騰訊の頼智明副総裁が董事長に就任した。

岑志豪最高経営責任者(CEO)は、本土のほか、多くの海外企業と協力関係構築に向けた交渉を進めていると明らかにし、「世界各地の顧客により便利な金融サービスを提供していく」と業務拡大に自信を見せた。

香港ではすでに7行のネット専業銀が正式開業している。富融銀は正式開業で出遅れた格好だが、電子決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」との連動サービスなどを充実させるとみられ、先行勢に対抗する。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

観光局、販促に11.4億HKドル 大湾区一体型PR打ち出す(03/05)

香港を経済自由度評価対象から除外、米財団(03/05)

ぜいたく品市場、コロナ収束後も回復困難(03/05)

新たに9人感染、域内で6人=1万1055人(03/05)

急反落、米金利再上昇を警戒=香港株式(03/05)

債券通南向き、人民銀と準備中=金管局総裁(03/05)

MPF運用利回り、2月は0.47%(03/05)

中銀香港、環境配慮型融資の手数料を減免(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン