• 印刷する

全日空、11月から成田への帰国便を再開

全日本空輸(ANA)は28日、タイの首都バンコク近郊のスワンナプーム国際空港から成田空港に帰国する便の運航を11月に再開すると発表した。

NH806便(午前6時45分バンコク発、午後3時成田着)を火、水、土の週3便運航する。対象期間は11月2日から12月1日まで。バンコク―成田便の運航再開について、ANAの広報担当者は「貨物需要に加え、企業関係者の旅客需要の回復が見込まれるため」と説明した。

ANAは4月25日以降、成田とバンコクを結ぶすべての便を運休している。現在はバンコクから羽田に帰国するNH850便のみ週7便運航している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年3月の総選挙の時に…(10/20)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

1~9月の自動車生産39%減 通年では140万台に達する見通し(10/20)

1~9月の自動車輸出、36.5%減の52.1万台(10/20)

12月の自動車展示会、31ブランドが出展へ(10/20)

デモ中継のメディア調査、停止の可能性も(10/20)

サンシリ、国連に政府の暴力行為停止求める(10/20)

首相、反政府デモ対応へ臨時国会の召集検討(10/20)

タイ・ラオス第5友好橋、タイ側が建設開始(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン