新興EV企業が存在感 北京MS、L4対応車の展示も

26日に開幕した北京国際モーターショー(第16回北京国際汽車展覧会、北京MS)で、電気自動車(EV)を中心とした中国の新興自動車メーカーが存在感を示している。威馬汽車科技集団(上海市)は自動運転レベル4(高度運転自動化)に対応する車両を公開。ほか、EV充電の新サー…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

今週からワクチン接種開始 印から第1弾、75万人分到着(01/25)

テイクオフ:上海では週末、新型コロ…(01/25)

主要都市で感染報告続く 北京で英変異種、上海は3日連続(01/25)

今年の乗用車販売8%増、業界団体が予測(01/25)

大湾区航空、日本を含む104路線申請(01/25)

「乱収費」対策を強化、全国で取り締まり(01/25)

発明特許の登録数、20年は53万件(01/25)

バックライト2社、域内外で生産能力を増強(01/25)

香港取引所、科創板銘柄を滬港通の対象に(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン