• 印刷する

ア開銀、水道インフラ事業2件に融資

アジア開発銀行(ADB)はこのほど、インド中部マディヤプラデシュ州と西部ラジャスタン州の水道インフラ事業2件に対し、合計5億7,000万米ドル(約601億円)の融資を承認したと発表した。

マディヤプラデシュ州では、2017年に2億7,500万米ドルの融資を実施した上下水道整備事業に追加支援する。融資額は2億7,000万米ドル。これにより、さらに18万5,000世帯が恩恵を受ける見込み。米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏とメリンダ夫人のビル&メリンダ・ゲイツ財団も同事業の一部を支援するという。

一方、ラジャスタン州では、給水・公衆衛生インフラ整備に3億米ドルを融資する。州内の2級都市で水処理施設の新設・修繕や上水道の整備、公衆衛生システムの開発などを進める。少なくとも14カ所の2級都市で57万人への給水サービス改善と、72万人の衛生環境改善が見込まれている。


関連国・地域: インド
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】医療業務のデジタル化需要狙う ユビー、ポストコロナ見据え(15:01)

ウルトラテック、増産に548億ルピー投資へ(12/04)

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

プラスチック業界、原材料高騰で規制要請(12/04)

筆記具業界、需要減と税制混乱で二重苦(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

地場物流オム、プネに新たな倉庫施設を設置(12/04)

石油公社、AP州で169億ルピーの投資計画(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン