投資認可額、上半期は30%減の648億リンギ

マレーシア貿易産業省傘下のマレーシア投資開発庁(MIDA)は24日、2020年上半期(1~6月)の製造業、サービス業、第一次産業への投資認可額の合計が、前年同期比29.6%減の648億リンギ(約1兆6,400億円)だったと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響などで海外直接…

関連国・地域: 中国タイマレーシアシンガポール米国欧州
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造建設・不動産IT・通信天然資源電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

東南アで小包取扱量3割超増 コロナ禍でEC拡大、配送遅延も(10/23)

RM1=25.3円、$1=4.15RM(22日)(10/23)

新型コロナ無料検査、MYEGから手配可能(10/23)

ス州のクラスター、7割はサバ州と関連なし(10/23)

新規感染847人、ス州137人(10/23)

ビンタイキンデン、子会社債務を新株で償還(10/23)

Kパワー、地場買収で化学品物流に参入(10/23)

三菱自、現地生産のエクスパンダー予約開始(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン