• 印刷する

楽天、印IT大手とネットワーク展開で提携

楽天の通信事業子会社、楽天モバイル(東京都世田谷区)は23日、自社の完全仮想化ネットワーク基盤「楽天コミュニケーションズ・プラットフォーム(RCP)」の展開で、インドのITサービス大手テック・マヒンドラと提携すると発表した。RCP事業でテック・マヒンドラを初の推奨パートナー企業として選定した。

日本を除く世界各地で、RCPを利用する通信事業者や企業などにテック・マヒンドラが技術とソフトウエアを提供し、モバイルネットワークの開発と展開をサポートする。楽天モバイルは、テック・マヒンドラからIT、セキュリティーシステム、ネットワークに関するマネジメントサービスを受けるほか、将来的にRCPの代理販売についても協議していく。

2社は2018年に第4、5世代(4G、5G)移動通信システムによるネットワークの活用に向けた技術研究で提携している。楽天モバイルの広報担当者は「今回の提携では、RCPの販売に向けてさらに協力関係を深化した」と説明した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

カルナタカ州からの帰国、指定施設で3日待機(12/03)

スウィッギー、食品配送部門に7億ドル投資(12/03)

印をエアコンの製造拠点に 国内の部品調達、29年に8割目標(12/03)

11月の乗用車販売、主要3社が2桁減(12/03)

11月の二輪車販売、4社が前年同月割れ(12/03)

マルチ・スズキ、来年1月に値上げ実施(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

デリー政府、ガソリンの付加価値税引き下げ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン