コロナ後も柔軟な勤務体制 地場企業6割、在宅環境整備進む

シンガポールで、新型コロナウイルスの感染対策として導入されている在宅勤務が浸透しつつある。リクルートグループの海外人材紹介事業会社RGFインターナショナル・リクルートメントの調査では、「新型コロナ収束後も柔軟な勤務体制を続ける」と答えた企業が約6割に上った。個…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染12人、全て海外から入国(21日)(17:43)

「植物性卵」の米社、アジア初の工場開設へ(17:00)

中心部周辺の工業団地、コロナ下で賃料上昇(16:19)

先端製造業の人材、政府支援で2300人育成へ(15:32)

DBS銀、アジア初の国際決済サービス開始(15:32)

テイクオフ:中心部のフラートン・ホ…(10/21)

制限解除の第3期に向け行程表 早ければ年内、対策徹底条件に(10/21)

制限期間中の出国者、医療費再び政府負担に(10/21)

息かけるだけでコロナ検査、国立大が開発(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン