• 印刷する

カネカが医療カテーテル新工場、3倍に増産

カネカがベトナム南部ビンズオン省に建設する医療用カテーテル新工場のイメージ図(同社提供)

カネカがベトナム南部ビンズオン省に建設する医療用カテーテル新工場のイメージ図(同社提供)

カネカは23日、ベトナム南部ビンズオン省に医療用カテーテルの新工場を建設すると発表した。投資額は約10億円。2022年1月に稼働させる。新工場が稼働すれば、現地の生産能力は3倍に増える。

ベトナム法人カネカメディカルベトナム(旧カネカファーマベトナム)が、既存工場の隣接地に新工場を建設する。カネカは、日本とベトナムで各種カテーテルを生産しており、世界各国の需要拡大を受けてベトナムの増産を決めた。両国の具体的な生産能力は公表していない。

今後は、米国やアジアなど海外市場への販売を強化し、2025年の医療機器の売上高1,000億円を目指す。20年3月期の実績は、医療機器と医薬品を合わせたヘルスケアソリューション全体が464億円だった。

広報担当者によると、カテーテル需要は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて一時的に落ち込んだが、足元で回復してきている。世界各地の高齢化で三大疾病(心疾患、脳疾患、がん)の患者数が増えており、カテーテル需要も拡大していくと見込んでいる。

カネカメディカルベトナムは2005年設立で、資本金は1,082億ドン(460万米ドル、約5億円)。医療用カテーテル製品の組み立て加工を手掛ける。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

YKK、業務改革で納期短縮 RPA導入、窓口業務を自動化で(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

織布の輸入依存、現調率は約4割=国会報告(10/27)

ハノイ都市鉄道2A号、引き渡し予定立たず(10/27)

南部で2本の内陸水路整備へ、プレFS提出(10/27)

FLCホームズ、ハノイ証取に上場申請(10/27)

韓テクワン、建設省傘下会社の保有株を売却(10/27)

ハノイの新築アパート、3Qは10%上昇(10/27)

建設ビナコネックス、第3四半期は減収増益(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン