• 印刷する

国民車プロトン、自社小売事業を大幅縮小か

マレーシアの国民車メーカー、プロトン・ホールディングスが、自社による新車小売事業の大幅な縮小を検討しているもようだ。生産と卸売りに経営資源を集中するためで、販売部門プロトン・エダルが展開する30カ所以上の販売店を、今月末までに売却する見込みという。

23日付マレーシアン・リザーブによると、販売店の売却先は自動車ディーラーか新たな投資家で、2回に分けて実施する。売却後のプロトン・エダルの販売店は4店舗だけとなる。情報筋は、プロトンは生産と卸売り、研究開発(R&D)に注力し、販売店が長期的に持続可能であることを保証して、プロトン・エダルが販売店のネットワークを統括する体制になると説明した。投資家には4月に同戦略を通知していたという。

別の業界関係者は、プロトン・エダルの従業員1,400人について、販売店を取得するディーラーか投資家が雇用することになると指摘した。プロトン・エダルから販売店を買収するのは、既存の自動車販売会社数社で、大手ではないもようだ。

プロトンの広報担当者は23日、NNAに対し、「現時点では販売店の売却についてコメントすることはない」と話した。

プロトンは先に、浙江吉利控股集団(吉利集団)との共同開発モデル第2弾となる小型スポーツタイプ多目的車(SUV)を発表。2017年に吉利集団の出資を受け入れてから、事業の変革を進めている。


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ、累計100万台目指し新キャンペーン(14:50)

活動制限令違反の罰金、最高1万リンギに(14:39)

今年の設備投資額12億リンギ プロドゥア、SUVで首位狙う(02/26)

新規感染1924人、千人台に減少(02/26)

アプリでのワクチン接種登録、初日63万人超(02/26)

RM1=26.3円、$1=4.04RM(25日)(02/26)

イオンマレーシア、20年12月期は減収減益(02/26)

DRBハイコム、通期決算は黒字確保(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン