• 印刷する

大規模洪水、平年の1.6倍の21回発生

中国水利省によると、22日までに全国で発生した水量が一定規模を超える「指定洪水」は21回となり、平年の1.6倍となったことが分かった。1998年の統計開始以来で最も多い。

黒竜江省の松花江のハルビン観測所で22日に水位が118.3メートルに達し、「松花江2020年第2号洪水」に指定された。これにより今年全国で発生した指定洪水は21回となった。

同省によると、22日までの今年の全国平均降水量は平年に比べ13%多い616ミリメートルで、61年以降で2番目に多い雨量となっている。全国の河川833本で洪水が発生し、うち77本では過去最大規模の水量となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

脱貧困で「重大な勝利」、習総書記が宣言(12/04)

義隆電子がMCU値上げ、来年1月から(12/04)

デジタル銀免許、グラブ連合など4者に付与(15:08)

首都ーバンビエン高速道、年内には開通へ(12/04)

【6000号特集】感染発覚から1年 コロナ禍、写真とともに振り返る(12/04)

【6000号特集】往来で相互理解深まる 上海日本商工クラブ・石原至理事長(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン