• 印刷する

テイクオフ:インドやスリランカなど…

インドやスリランカなど南アジアの国々では、政治家がユニークな方法で主張を伝えることがある。

たとえばかつてインドでは、ある議員が農家の窮状を訴えるためにトラクターで議会に乗り付け、話題をさらった。2016年には、馬に乗って議会に登場した議員もいた。そのころデリーでは、大気汚染を緩和する目的で、乗用車のナンバーの末尾の数字によって域内での走行を制限する措置を実施していた。この議員は自分の車を運転できない日にあえて馬に乗ることで、関心を集めたわけだ。

最近のスリランカでは、ココナツ担当大臣のアルンディカ・フェルナンド氏がココナツの木に登ってココナツ不足の状況を訴えた。彼が木の上からメディアに説明したところによると、現地では大幅な需要増から、7億個相当のココナツが不足する事態に直面しているそうだ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

感染4万人、死者1000人に=22日夜(10/23)

東京発の臨時便が可能に JALと印国営、定期便は運休(10/23)

観光以外の入国を許可=内務省(10/23)

日産、新小型SUV「マグナイト」21年投入(10/23)

スズキの西部工場、生産100万台を達成(10/23)

超短期滞在の入国容認へ、72時間の商用目的(10/23)

シュコダ、向こう2年で生産能力20万台に(10/23)

二輪ロイヤルの倉庫で火災、負傷者なし(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン