20年の住宅新規供給、19%減少見通し

タイの政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)は、2020年の住宅の新規供給戸数が前年比19%減の7万9,408戸に落ち込むとの見通しを示した。低層住宅がプラス成長する一方、コンドミニアム(分譲マンション)は44%減少すると見込む。22日付プーチャッカーンが…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、新たに1人(15:57)

政府、EV充電スタンドの均等設置を指示(15:18)

テイクオフ:観光客誘致のためにプー…(10/28)

19年度、輸出3%増確保 コロナ禍も7~9月に持ち直し(10/28)

【東南アジア人材の勘所】ASEAN域内に見る日本企業の人材育成(10/28)

首相、憲法改正の支持表明 独外相は「国王の行動注視」(10/28)

反政府デモ、海外投資に影響なし=工業相(10/28)

FTAとGSP輸出額、1~7月は15%減(10/28)

首都で大型トラック通行規制、12月から実施(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン