大手財閥トップ、山積する課題解決に注力

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)や米中対立の激化で企業経営が厳しくなる中、サムスンや現代自動車、SK、ロッテなど韓国大手グループのトップは秋夕(中秋節)前後の期間を利用し、今後の事業計画の策定や経営課題の解決に取り組む構えだ。22日ソウル経済新聞…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車化学IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者88人増、2桁台に低下(12:20)

テイクオフ:写真仲間と一緒に空港へ…(10/27)

「李会長は革新的な企業家」 CEOスコアの朴代表に聞く(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

織布の輸入依存、現調率は約4割=国会報告(10/27)

コロナ感染者119人、3日ぶり100人超え(10/27)

サムスン李会長の死去、財界人が多数弔問(10/27)

処理水放出への反対強まる、韓国議会やNGO(10/27)

日進マテリアルズ、極薄銅箔を国産化(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン