• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの影響で勤務…

新型コロナの影響で勤務先が時差出勤を導入する中、午後勤務の日は、午前中にウオーキングに出掛ける。シンガポール政府は各地の公園や海岸沿い、川沿いに「パークコネクター」という遊歩道を設けており、基本的にはそうした道を気ままに歩き回っている。

近所のパークコネクター沿いの川は、コンクリート3面張り。一見自然はあまりなさそうなのだが、やたら動物に出くわすので面白い。イノシシや野犬に出会ったこともある。カワセミや木の幹で日なたぼっこをするトカゲの写真を撮っていると、この日は突如モニターリザード(オオトカゲの一種)が姿を現した。体調1メートルほどで、小型のエイを丸のみにしている瞬間だった。思わず動画に納めた。

都市国家といわれるシンガポールだが、ときどきこのような大自然のシーンに出くわす。次はどんな生き物に遭遇できるか楽しみだ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染12人、全て海外から入国(21日)(17:43)

「植物性卵」の米社、アジア初の工場開設へ(17:00)

中心部周辺の工業団地、コロナ下で賃料上昇(16:19)

先端製造業の人材、政府支援で2300人育成へ(15:32)

DBS銀、アジア初の国際決済サービス開始(15:32)

テイクオフ:中心部のフラートン・ホ…(10/21)

制限解除の第3期に向け行程表 早ければ年内、対策徹底条件に(10/21)

制限期間中の出国者、医療費再び政府負担に(10/21)

息かけるだけでコロナ検査、国立大が開発(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン