• 印刷する

アンコール航空、首都―中国鄭州市便を開設

カンボジア政府が出資するカンボジア・アンコール航空(CAA)は21日、首都プノンペンと中国・河南省鄭州市を結ぶ路線を開設した。クメール・タイムズ(電子版)が同日伝えた。

往路は午後1時35分にプノンペン発、同6時半に鄭州市着。復路は午後7時半に鄭州市発、同10時55分にプノンペン着。CAAの広報担当者によると、同路線は10月24日まで週1便を運航する。その後は増便も検討している。

CAAはまた、プノンペンとベトナムのホーチミン市または南部カントー省を結ぶ路線の開設も検討している。ベトナム当局の承認を待っている段階という。

CAAは、国内線ではプノンペンと北西部シエムレアプ、南部シアヌークビルを結ぶ路線を運航している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

北西州の病院整備、JICAが21.5億円支援(10/28)

【東南アジア人材の勘所】ASEAN域内に見る日本企業の人材育成(10/28)

OCIC、衛星都市開発に25億ドル投資計画(10/28)

通関業者のライセンス料、今年は支払い免除(10/28)

ANAの成田ープノンペン運休、1月末まで(10/27)

対タイ貿易、1~9月は19%減の55億ドル(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン