デング熱が年初来7.5万人、ス州に半数集中

マレーシア政府の統計で、今年初めから9月21日までに、同国でのデング熱の罹患(りかん)者数が7万5,282人に達した。州別で首都圏のスランゴール州が3万8,111人と、50.6%を占めている。死者数でも同州が最多となっている。 保健省などが運営するデング熱の情報サイト「iデン…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

東南アで小包取扱量3割超増 コロナ禍でEC拡大、配送遅延も(10/23)

RM1=25.3円、$1=4.15RM(22日)(10/23)

新型コロナ無料検査、MYEGから手配可能(10/23)

ス州のクラスター、7割はサバ州と関連なし(10/23)

新規感染847人、ス州137人(10/23)

ビンタイキンデン、子会社債務を新株で償還(10/23)

Kパワー、地場買収で化学品物流に参入(10/23)

三菱自、現地生産のエクスパンダー予約開始(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン