• 印刷する

テイクオフ:週末の朝、ジャカルタ中…

週末の朝、ジャカルタ中心部では必ずといっていいほど自転車に乗る集団を見るようになった。新型コロナウイルスの感染を避けようとするサイクリストが増えたことを受けて、自転車利用の新たな規定が最近公布された。

夜間には前照灯と尾灯をつけ、タイヤには白か黄色のリフレクター、キャリアなどにも赤色のリフレクターを貼らなければならない。一部の自転車にはタイヤより幅が広い泥よけの装備も求めるなど、安全を守るための項目が細かく定められた。頼もしい。みんなが守ればきっと事故を抑えられる。

だが厳しい基準が設けられているはずのバイクはどうだろう。方向指示器を点灯させず、ミラーは割れ、バケツの中で鳴っているような頼りない音のクラクションが街中にあふれている。本気で事故を減らすなら、まずはこちらの基準をもう少し満たしてほしい。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「会員ポイントの獲得方…(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

トリニタンがニッケル製錬 日系と合弁、低品位鉱も加工(10/27)

駐日大使にヘリ・アフマディ氏が就任(10/27)

国内鉄鋼産業の稼働率、40~50%まで回復(10/27)

鉄鋼生産量、最大2000万トンに=中国社(10/27)

首都圏の高速道路6区間、年内に開通(10/27)

ユニリーバ現法、3Qは増収減益(10/27)

国内最大の太陽光発電所、12月に起工式(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン