• 印刷する

倒産予備軍が増加、新型コロナの影響で

ベトナム・レポート社の調査によると、新型コロナウイルスによる景気低迷で、同国で倒産の危機に瀕する企業が増えている。サイゴン・タイムスが21日に伝えた。

今年上半期(1~6月)の売上高が前年同期に比べて「減少した」と答えた企業は全体の60%に上り、そのうち15%が「急減した」と答えた。税引き前利益が「減少した」企業は54%、「急減または赤字」は31%だった。

ベトナム統計総局(GSO)の調査では、今年1~8月に事業を一時停止した企業数は、前年同期比70.8%増の約3万4,300社だった。

運輸業界は打撃が大きい業種の1つだ。ベトナム自動車運送協会(VATA)によると、新型コロナによって乗客数・貨物量は最大90%減少した。優遇金利の融資や当局の支援策を活用して事業を継続している企業もあるが、新型コロナの影響が長期化すれば廃業が増える可能性がある。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンマー、農機で質底上げを 持続可能な農業へ日系の挑戦(上)(10/22)

ハノイ都市鉄道5号線、国がプレFS審査へ(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

ハノイ都市鉄道3号線、最初の車両が到着(10/22)

日系航空2社、越から日本行きを増便(10/22)

神基科技、受注見通し良好で4Q業績楽観(10/22)

鉄鋼ホアセン、ホームセンター展開に注力(10/22)

カナダ、ベトナム耐食鋼のAD税率引き下げ(10/22)

ブンアン発電所、斗山重業が参画を正式発表(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン