• 印刷する

21年最賃、算出指標に4品目追加へ

インドネシア労働省は、2021年の最低賃金を算定する際に指標となる「労働者が適正な生活を営むのに必要な適正生活水準(KHL)」の構成要素について、これまでの60品目から64品目に拡大する方針を示した。追加する4品目は明らかにしていない。21日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

労働省産業関係育成・社会保障局のディナル賃金課長は「5年に1度、KHLの構成要素の見直しを行っている。4品目の追加案をイダ労相から法務・人権省に送付し、関連規定の調整を依頼した」と述べた。ただし、年内に成立予定の雇用創出に関する「オムニバス法」の内容によって、算定指標の変更が必要かどうか再検討する可能性もあると付け加えた。

KHLの構成要素は、労相令『12年第13号』で、飲食品、衣料、住居、教育、医療、運輸、娯楽・預貯金の7項目の60品目を設定している。

インドネシア経営者協会(Apindo)のハリヤディ会長は「21年の最低賃金は、据え置くか引き下げることが最も公平だ。新型コロナの流行で景気が低迷する中、政府が最低賃金を引き下げる可能性は非常に高い」と述べた。

一方、インドネシア労働組合総連合(KSPI)のサイド・イクバル代表は「購買力を引き上げるには、少なくとも8%の昇給率が望ましい」と主張。アジア通貨危機で経済成長がマイナス成長だった時も、最低賃金を16%引き上げた実績があると説明した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

労組連、野党に雇用創出法の立法審査を要求(10/23)

OVO、来年は投資・保険会社との協業促進(10/23)

コロナ禍の失業1300万人も 通貨危機・リーマン後超える影響(10/23)

バンテン州全域の行動制限、1カ月延長(10/23)

観光業に240億円支援、ホテル飲食店(10/23)

ニコン、カメラ事業を代理店のみに切替(10/23)

石炭アダロ、下流事業で内外企業と合弁も(10/23)

オムニバス法、独禁法の五つの条項改正(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン