• 印刷する

台風上陸でモン州などに被害、3人死亡

台風「ノウル(台風11号)」が先週末、ミャンマーに上陸し、強風や豪雨、高波などが発生し、東部モン州で3人が死亡するなど、各地で被害をもたらした。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が21日伝えた。

モン州では、イェ、パウン、チャイトーの3郡区で家屋90軒以上が損壊した。エー・ザン州首相は20日、チャイトー郡区を訪れ、被害を受けた人々への人道的支援を開始した。

南部タニンダーリ管区では、コータウン、メイ(メルギー)、パラウの3郡区で洪水が発生し、430世帯超の1,600人以上が避難所などに避難した。パラウ郡区では強風で家屋50棟と学校1校が全壊した。

中部バゴー管区カワ郡区では、18日から19日にかけて続いた豪雨で川が氾濫し、1,500世帯超の7,000人以上が避難した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェンライで市中感染、帰国者と接触(4日)(02:47)

ヤンゴン、外出自粛措置の緩和を検討(12/04)

戦闘地域の選挙実施は試金石、和平で笹川氏(12/04)

コロナ死者、累計で2千人超え=3日夜(12/04)

工業製品の輸出が5割減 10~11月、コロナ禍が深刻化(12/04)

過去17日間、1千人超える感染=2日夜(12/04)

コーヒー輸出が半減見通し、コロナ影響で(12/04)

汚職防止委員長の辞職、理由は高齢(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン