• 印刷する

《日系進出》第一生命、ミャンマー子会社が営業開始

第一生命保険は15日から、ミャンマー最大都市ヤンゴンで現地会社の営業を開始したと発表した。

第一生命保険は、香港のAIAグループ、スイス系のチャブ(Chubb)、カナダ系マニュライフ、英国系プルデンシャルとともに全額出資による生保事業の展開を認可されている。昨年5月に現地会社の第一生命ミャンマーを設立した。

同年11月にミャンマー当局の正式事業認可付与を受け、シンガポールの地域統括会社などと連動して開業への準備を進めていた。

ミャンマーの生命保険市場には、全額出資で進出する第一生命保険など5社のほか、太陽生命保険、日本生命保険、タイのタイライフ・インシュランスの3社が地場企業との合弁で参入。損害保険市場には、日本の損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の3社が、地場保険会社との合弁で事業を開始している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新空港、当初計画を3割縮小 着実な実現へ旅客規模見直し(10/27)

新規感染、11日ぶり1千人切る=25日夜(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

主なクラスターは僧院や老人施設、ヤンゴン(10/27)

全日空の成田発ヤンゴン便、1月末まで運休(10/27)

政府、コロナでホテルなどに安全認証を検討(10/27)

東部モン州の電化率、70%達成=州首相(10/27)

ゴマ価格が前月から上昇、中国の需要増で(10/27)

生鮮食品の移動販売を開始、ヤンゴンで(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン