• 印刷する

豪長者番付、首位は資源ハンコック会長

全国紙オーストラリアンはこのほど、2019年の国内長者番付(上位250人)を発表し、資源大手ハンコック・プロスペクティングの会長を務める富豪ジーナ・ラインハート氏が首位に立った。総資産は222億5,000万豪ドル(約1兆6,960億円)。上位25名は新型コロナウイルスの流行下で総資産額が250億豪ドル増加した。新型コロナの流行で需要増加を経験した業界の経営者の資産増加が目立った。

ハンコックの19/20年度の売上高は、前年比23.6%増の108億6,000万豪ドルだった。西オーストラリア州ピルバラ地区のロイ・ヒル鉄鉱山での鉄鉱石増産も寄与し、ラインハート氏の資産増加につながった。

鉄鉱石採掘大手フォーテスキュー・メタルズ・グループ(FMG)のアンドリュー・フォレスト会長は2位となり、新型コロナの流行による供給難で、鉄鉱石の価格が高騰したことが鉄鉱石業界の経営者の資産を引き上げた。上位10位中、4人が資源業界の富豪だった。

また包装大手ビジー・インダストリーズのアンソニー・プラット会長は、オンライン取引の拡大による段ボールや包装の需要増が功を奏し3位となった。

ただロックダウン(都市封鎖)の実施でカジノが営業停止を余儀なくされたため、ジェームズ・パッカー氏は資産が減少し、昨年から順位を3つ落とし19位となった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: その他製造天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大学で地質学を専攻して…(10/20)

外資投資厳格化、来年1月から 安全保障問題の定義に懸念も(10/20)

豪住宅への外国投資、コロナ前に既に11%減(10/20)

商業不動産債券、ノンバンクがシェア拡大へ(10/20)

ウエストパック銀、中国などアジアから撤退(10/20)

〔政治スポットライト〕アジア太平洋国力評価、豪6位・NZ13位(10/20)

NSWが飲食店規制緩和、VICは不満噴出(10/20)

郵便シングポスト、豪物流企業に38%出資(10/20)

豪地方部の観光業が活性化、都市部はまだ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン