• 印刷する

相互が台湾工場閉鎖、華為の米制裁響く

台湾プリント基板(PCB)メーカーの相互(ミューチャル・テック)は19日、新北市新荘区に持つ工場の全ての生産ラインを停止すると発表した。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米国政府の制裁が自社の受注に強い打撃となったことを理由に挙げた。

相互が持つ生産拠点は新荘工場と中国江蘇省常熟市の工場の2カ所。

相互の複数の顧客企業は8月末以降、華為への出荷停止を相互に連絡。華為向けの受注急減に伴い、相互の生産設備の稼働率も大幅に低下した。運営への影響や生産・輸送コストなどを考慮した結果、新荘工場は現在持つ受注を全て処理した上で閉鎖することを決定。今後は生産能力を常熟工場に移し、台湾は運営本部と位置付ける。

新荘工場の閉鎖に伴い従業員600人を解雇する。資遣費(解雇手当に相当)は約1億1,000万台湾元(約4億円)となる見通し。

新荘工場は、同社全体の売上高と生産能力のそれぞれ5割を占めていた。

新北市泰山区での新工場の建設計画は取りやめ、工場用地は売却する。鉅亨網によると、33億元を投じる計画だった。

一連の計画は11月11日の臨時株主総会で承認を得る必要がある。

相互は、スマートフォン向け製品などを手掛け、EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業やパソコン周辺機器の致伸科技(プリマックス)、スマホ向けカメラレンズメーカーの舜宇光学科技(サニー・オプティカル・テクノロジー)などを顧客に抱える。

相互の2020年8月の連結売上高は前年同月比44.4%減の2億3,646万元。マイナス成長は8カ月連続となった。1~8月の売り上げは前年同期比33.7%減の19億8,261万元。


関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

住宅ローン・建設融資残高、9月も過去最高(12:20)

テイクオフ:3週間ほど前、家族総出…(10/27)

土地取得が今年過去最高額か 市場上向きで、中南部に人気(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

織布の輸入依存、現調率は約4割=国会報告(10/27)

三菱ガス化学、聯茂と合弁設立へ(10/27)

多摩川HD、稜研科技に1000万元出資(10/27)

穏懋がフル稼働、新iPhone向けに追加受注(10/27)

正ワイのインド工場、設備破壊=競合関与か(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン